リンパマッサージを取り入れてむくみを解消

むくみは、静脈の血流が悪くなり、心臓に戻りきらない老廃物や水分が溜まってしまうことが原因。

解消するためには運動や体を動かすことで、血液を送り出すポンプ役を果たす筋肉を積極的に動作させるのが大切です。

ただしむくみにはもう一つ、リンパ管の流れが深く関係しています。

静脈の流れを改善させると同時に、静脈とは別の経路を持つリンパ管の流れも改善させることが、むくみ解消の近道。

血管を流れる血液は酸素や栄養、また二酸化炭素や老廃物を運ぶ役割を持っています。

一方、リンパ管を流れるリンパ液には、体内の老廃物を回収して体外に排出したり、ウィルスや細菌に抵抗し、体を守るという「浄化」と「免疫」作用があります。

リンパ管は体内にくまなく張り巡らされており、リンパ液が全身から回収した老廃物は首や鎖骨、ひざ裏などにある「リンパ節」でろ過されるしくみ。

リンパの循環には、血液の循環の心臓にあたるようなポンプ機能がありません。

筋肉や周辺組織が運動によって動くことによって、リンパ液の循環が行われるのです。

静脈の血行促進と同様にリンパ液も筋肉の運動によって循環が促進されますが、そのほかにリンパマッサージを行うことでむくみ解消に大きな効果が期待できます。

毎日のスキンケアをするように、こまめにリンパマッサージを続ければ、リンパが滞りにくくなって老廃物を排出しやすくなるため、むくみが解消しやすくなります。

むくみは首コリや肩コリ、冷え性など、一見無関係に思える症状にも深くかかわっていますので、1分間のリンパマッサージを毎日の日課するのがおすすめです。

むくみ解消のリンパマッサージには「指で押す」「揉む」「てのひらでさする」などの方法があります。

痛みを感じるほど強く刺激する必要はありません。

また、リンパ節やリンパ液が滞っている場所は痛みを感じやすい場合がありますので、痛みを感じない程度の強さで刺激するようにしましょう。

>> リンパ浮腫簡易指導マニュアル

スッキリ!即効性のあるむくみ解決法見つけました!

むくみとは、体内をめぐる血液や体液がさまざまな要因で体の部位に滞ってしまい、細胞の隙間に水分がしみだしてしまった状態のこと。

むくみを解消するためには血行を促進させ、血流の滞りを解消することが大事です。

特に朝、時間のない時に顔がむくんでいると困りますよね。そこでむくみに即効性のある解消法をいくつかご紹介します。

蒸しタオルと冷やしタオルを交互使いする

血流の悪い血管を温冷で収縮させ、血液循環を促しむくみを解消します。

①蒸しタオルと冷やしタオルの2本を用意します
蒸しタオルはじんわりとした温かさを感じる45度程度のもの。冷やしタオルは水にひたして絞りましょう。
②2本のタオルを30秒ずつ、むくみの生じている部分に交互に当てます
③②の動作を2~3回くりかえします

首回りのリンパマッサージ

首回りのリンパ管の滞りを改善し、むくみを解消します
①首を右に5回、大きくゆっくりと回します。その後左側も同様に5回回しましょう
②右手を左側頭部に添えたら、ゆっくりと横に倒し、首の左側を伸ばしましょう。その後反対側も同様におこないます
③乳液やボディクリーム、マッサージオイルなどを手に取ってなじませたら、首の付け根から鎖骨に向かってやさしく指で撫でましょう

まぶたのむくみを解消するツボ刺激

目元のツボを刺激して血行を促進することでむくみに即効性を発揮します

①眉頭にあるツボ
眉毛の生え始めるあたりの、少しへこんだ場所にツボがあります
眉毛を押し上げるように5秒ほど刺激します
痛気持ち良いくらいの力で刺激するのがポイント

②目頭と鼻の付け根あたりの、少しへこんだ場所にあるツボで、目の疲れにも効果があります
肌に対して垂直に力を入れ、5秒ほど指圧しましょう

頭皮マッサージ

頭皮の血流をよくするとむくみの解消に即効性があります

①両てのひらで頭を包み込みます
②指の腹を使って、頭全体を揉みこむようにマッサージします

そのほかにむくみが気になる場所として足が挙げられます。
足のむくみにはリンパマッサージや足つぼマッサージなどが即効性があって効果的。
また40度ほどのぬるま湯で足湯をするのも温め効果と血行促進効果があるのでおすすめです。

>> #むくみ解消 hashtag on Twitter