夕方になると足がむくんだり疲れたりする、翌日になっても足がむくんでいる、足にツッパリ感・痛みがある、このような症状でお困りではないでしょうか?このような悩みを解決するアンチスタックスは、足のむくみの原因に働きかける成分をたっぷり含み、体の内側からむくみを解消する西洋ハーブの医薬品です。

足のむくみのメカニズムと静脈還流障害

立ったままや座ったままの姿勢が長時間続くと、足の筋ポンプ機能が低下し、心臓へ流れる血液が停滞するため、静脈の機能が低下し水分が漏れだし、むくみになるのです。一時的なむくみだと軽視して放置していると、静脈瘤、皮膚潰瘍や色素沈着などの疾患があらわれる場合があるので要注意です。第二の心臓と呼ばれる足のふくらはぎは、下肢の静脈の血液を重力に逆らって心臓へ運ぶ働きをし、その機能が低下することで静脈還流障害を引き起こし、初期症状である足のむくみやだるさ、重さ、疲れ、つっぱり感、痛みなどの症状を生じます。

アンチスタックスは日本で初めて承認された西洋ハーブ医薬品で、赤ぶどう葉から抽出された天然成分を使用しており、その赤ぶどうの葉も気候など適した栽培条件を揃えた限られた地域の赤ブドウの品種のみを使用しています。

赤ぶどう葉乾燥エキスには、タンテュリエという赤ぶどうが使用されており、皮のみでなく果実も赤いのが特徴で、一般的なぶどうよりも多くの色素とポリフェノールが含まれています。ポリフェノールには、血液をサラサラにし循環をスムーズにする働きがあり、むくみの原因である血液の停滞に効果があります。

70年以上の歴史を持つこだわりのアンチスタックス製造方法

アンチスタックスは、自然豊かなスイス南部にある70年以上の歴史を持つ工場で製造されています。原料の育成状況、採取時期、抽出方法などによって、植物から得られる抽出エキスの成分組成や成分含量は変わってきます。

アンチスタックスは安全性と品質を保つため、条件をクリアした原材料のみを使用し、徹底した品質管理のもと独自の製造方法で赤ブドウ葉乾燥エキス混合物を抽出しています。

飲んだ翌日に効果を感じる人も中にはいますが、使用して3週間で効果を感じた人が30%、6週間で効果を感じた人が50%、そして12週間で80%以上の人が効果を実感したという臨床試験データがあります。

このデータからわかるように、低下した静脈の機能が改善されるまでには時間がかかり、1日2日で効果を感じることは難しいようです。

しかし、早く効果を実感したい人は、足の筋ポンプを鍛える簡単なエクササイズやマッサージ、肥満を防ぎ、血液や血圧に負担をかけない食生活を見直すなどを加えることにより、より早く効果を実感することができます。

また、アンチスタックスは第一類医薬品に指定されているので、薬剤師がいる薬局でのみ購入することができます。体質やアレルギー、不安に思うことを薬剤師と相談しながら購入できるので安心して使用することができます。