入浴の習慣がなく、普段はシャワーだけで済ませる人も多いものです。

美容に気を使うならシャワーより断然お風呂!その魅力は?

汚れを落とすことには十分であっても、代謝を高めるなど美容の面では十分に機能していない場合もあります。デトックスやむくみ防止に役立つため、お風呂に入るメリットは大きいのです。

一人暮らしであったり、忙しかったりするとお風呂を利用するのを避けがちです。

ガス代や水道代が気になる人も多く、節約のためにシャワーを使う人もいます。

しかし、お風呂が美容にもたらす効果は大きく、ストレスの緩和や睡眠の質にも影響してきます。積極的にお風呂に入った方が良いこともあるのです。

お風呂は美容や健康にプラスに働く

お風呂が健康や美容に良いのは昔から知られています。体を温めることで代謝を高め、老廃物の排出を促してくれることです。

血流が良くなれば疲れの原因物質が体の外に排出されやすくなります。汗などで体内の毒素が外に出るようになるため、デトックス効果にも期待出きます。

シャワーの場合は体の表面が暖まっても、体の芯まで温まれないのがポイントになります。お風呂で体の中まで温まるため、影響が長い間続きます。

リラックスできる時間も長くなるため、睡眠の質の改善に役立つ場合もあります。忙しい時は仕方がないものの、たまにお風呂にゆっくり使って羽を伸ばすことも大切なのです。

お好みのアロマを持ち込むなど、さらに贅沢にするのもおすすめです。

代謝が高まれば肌の生まれ変わりも促進される

お風呂に入れば、体の芯まで温めることができます。特に冷え性の女性はシャワーだけでは不十分なことが多く、しっかりとお風呂に使った方が改善される可能性があります。

体が冷えると代謝も悪くなり、疲労がたまりやすくなる点に注意が必要です。肌の調子も悪くなり、良いことがないのです。

運動などで代謝を高める方法もありますが、運動で発生した疲労を取るためにもお風呂は活躍します。

ポイントになるのが、高温のお湯につかるよりも少し温い38度前後のお湯にゆっくりつかった方が良いことです。40度以上の温度になるとお風呂を出た際の温度差で体力を消耗することがあるため、負担を避ける知識も大切なのです。

お風呂をさらに有効に活用するためには

お風呂に入った後に寝るまでの時間も重要です。あまり時間をかけすぎると汗などで体が冷えてマイナスの影響が大きくなるからです。お風呂に入ったら湯冷めしないうちに休むのが基本になります。

また、体を内側から冷やさないように冷たい飲み物の飲みすぎにも注意が必要です。

美容のためにはお風呂上りのスキンケアも重要になります。

スキンケアをするのであれば、部屋の温度を上げ、寒さでストレスがかからないようにしておくとプラスになります。

寒いと肌がこわばってしまうこともあります。疲れがたまっている場合はお風呂上りに軽くストレッチをすると筋肉がほぐれやすくなります。

お風呂に入ればむくみ解消にも役立つ

お風呂に入ると汗をかくようになり、自然と水分が排出されます。

お風呂に入ればむくみ解消にも役立つ

むくみは体の中に余分な水分がたまることで発生します。お風呂入ることはむくみ防止や解消に役立てやすいのです。デトックス効果もあるため、むくみの原因となる物質も外に出安くなります。

注意したい点もあります。汗をかくということはそれだけ水分が失われるということです。入浴前や入浴後の水分補給は大切で、脱水症状を防ぐためにも大切になります。

また、水分が極端に不足すると体が水を一気に蓄え、一時的にむくみがひどくなる場合もあります。

バランスが重要なため、マッサージなどをしてたまった水分の排出を促しつつ、トイレで外に出すなど体の働きを生かすのがポイントです。