乾燥対策は水分補給だけでは不順分で、肌荒れや疲れ目の原因になることがあります。

乾燥対策は水分補給だけでは不十分!便利グッズの活用もおすすめ

保湿性の高いクリームや加湿器を使うのが対策の基本で、オフィスで使える便利グッズも販売されています。水分のとり過ぎはむくみの原因にもなるためバランスが重要です。

乾燥に悩む人は多く、特にオフィスの環境に不満を抱えている人が多いのが現実です。

オフィスビルなどは特に湿気がたまり辛い構造になっているため、乾燥しすぎてしまうことがあるのです。

乾燥のしすぎは肌に悪影響を与えるだけでなく、ドライアイなど疲れ目の原因にもなるため、自衛の意識が重要になります。

乾燥はお肌の大敵だから自衛が必要

空調の効いた職場でする女性は珍しくなく、一見恵まれた環境にいる人も多いものです。一方で、オフィスでは人間ではなく機械の都合で温度が設定されるなど、人間に優しくない場合も多く、体調不良の原因にもなりがちです。特にデスクワークの場合は座った場所の影響をうけやすくなります。

空気が乾燥すると、体から水分が失われやすくなります。

のどや目などの粘膜が特に影響をうけやすく、続いて肌にも影響が及びます。転職や就職をきっかけに肌荒れに悩み始める人も意外と多いのです。

職場の環境は自分ひとりの都合では変えられないため、様々な対策を練ることが大切になります。

オフィスで使える乾燥対策グッズは増えている

職場の乾燥に悩む女性は多い一方で、乾燥対策のためのグッズは増えています。代表的なのが加湿器で、デスクに設置できる小型の加湿器も増えているのです。USBを使ってパソコンから電源を確保できるものや、バッテリーで動くものも存在し、見た目にもかわいいものが増えています。

セキュリティが厳しく、電気製品を持ち込めない職場も存在します。

しかし、特殊な紙に水やフレグランスをしみこませ、自然に蒸発させることで乾燥対策をするグッズも売られています。

価格的にもそれほど高くなく、気軽に使えるのがメリットです。デスクワークで乾燥が気になる場合は、グッズで補うのも方法なのです。

参考 【医師監修】乾燥肌の予防でやってはいけない生活習慣

こまめな水分補給も重要なポイント

こまめな水分の補充も重要なポイントです。加湿器などを利用してものどや目などの粘膜は影響をうけやすいため、少しでもダメージを減らすのが大切なのです。

目薬の常備や、のど飴、飲み物の確保は基本で、飲み物のバリエーションをそろえることが仕事中の癒しになることもあります。

水分補給には注意点もあります。糖分が多すぎる飲み物や、カフェインのとり過ぎは体に悪影響を与えるからです。

カフェインには利尿作用もあるため、せっかく補給した水分がすぐ外に出て行く可能性もあります。

糖分の多い飲み物も、かえってのどが渇いて水分が欲しくなり、飲みすぎの悪循環につながるケースがあります。飲みものの内容やコントロールも大切なのです。

一度むくみが発生した際の対処方法は水をたくさん飲むのが一番!

水分補充が適切であっても、長時間動かないでいるとむくみが発生しやすくなります。

一度むくみが発生した際の対処方法は水をたくさん飲むのが一番!

水分を補給しても肌まで水分がいきわたるとは限らず、むくんでいるのに乾燥肌がひどいということもあり得るのです。この場合は一つずつ対処していく必要があります。

むくみ防止や解消法は、軽いストレッチや運動で代謝を良くするのがおすすめです。むくみサプリなどでカリウムを取るなど、利尿を促すと余分な水分が体の外に出安くなります。

乾燥肌はしっかり肌のケアを行うだけでなく、睡眠時間の見直しをするのもおすすめです。

無理なダイエットが原因でむくみも乾燥肌も悪化することがあるため、栄養を見直し、不足を補う意識も大切です。