カフェインには覚醒効果があり、眠気覚ましやエナジードリンクなどに良く利用されています。

カフェインのとり過ぎには注意が必要!健康リスクはしっかり管理

一方で、働きすぎの原因になってしまうこともあります。カフェインのとり過ぎは自律神経の働きを乱し、むくみの原因となることもあるため注意が必要なのです。

コーヒーやお茶に含まれるカフェインには、覚醒効果があるといわれています。眠気覚ましに利用されることも多く、がんばりたい人の味方になってくれます。一方で、カフェインをとってやる気を維持することが普通になれば、体力面の回復が追いつかなくなることもあります。自律神経の働きが乱れ、睡眠が浅くなるなど弊害もあるため、とり過ぎには注意が必要なのです。

カフェインはがんばりたい時の味方

カフェインには覚醒効果があり、眠気を覚ましてくれるなどプラスの面があります。眠気覚ましにコーヒーが使われることが多いのは、カフェインが多く含まれているからなのです。眠気対策のドリンク剤や栄養ドリンクに使われるケースが多いのも特徴で、がんばりたい人をサポートしてくれる成分になっています。

一方で、カフェインを摂取しても体力は回復しない点に注意が必要です。覚醒効果はあっても体力がなければ体は動かなくなります。作業の効率を良くするためには休息が必要な場合もあるのです。かえって疲労がたまり、体を壊す原因とならないように気をつける必要があります。常時カフェインが必要な状態であれば、生活環境自体を見直した方がよい場合もあるのです。

カフェイン中毒は死亡例も存在する

カフェインのとり過ぎは、カフェイン中毒など体に深刻な影響を与えるケースがあります。カフェイン中毒による死亡例も存在するため、カフェインを過剰摂取しないように気を配る必要があるのです。特に錠剤やドリンク剤、アルコールの併用は危険で、あくまで用法や用量を守る必要があります。

毎日コーヒーを3杯から5杯程度飲む人はカフェイン中毒に注意が必要といわれています。玉露やエスプレッソはカフェイン量も多くなるため、さらに注意が必要です。1日1杯から2杯程度のコーヒーの場合は、それほど影響がないといわれているため、飲みすぎている自覚がある場合は注意が必要です。

カフェイン摂取で起こる副作用とは

カフェインで得られるプラスの効果は、コーヒー1杯から2杯程度が基準になります。ドリンク剤の中にはコーヒーの数倍のカフェインが含まれている場合も存在し、それだけ体への負担も大きくなりがちです。がんばって仕事などを終わらせたら、しっかり休むことが前提になるのです。

カフェインの摂取で起こる副作用は、目眩や動悸、吐き気などがあげられます。自律神経の働きが乱れる原因となることもあります。自律神経が乱れると、睡眠が浅くなってしまう場合や、落ち込みやすく、感情的になりやすくなるなど精神面に影響を受ける場合があります。気になる症状がある場合は日ごろのカフェインの摂取量を減らしてみるのがおすすめです。

カフェインの摂取でむくみがひどくなることもある

意外に思われるのが、カフェインの摂取でむくみがひどくなるケースがあるということです。カフェインには利尿作用があり、少量であればむくみ解消に貢献してくれます。

カフェインの摂取でむくみがひどくなることもある

しかし、カフェインの摂取量が多すぎると、カフェインを薄めるために体が水分を溜め込み始め、むくみがひどくなるのです。

尿とともに体に必要なミネラルが体外に出ると、さらにむくみが悪化するケースがあります。特にカリウム不足が悪化する場合もあり、意識的にプラスした方が良い場合もあるのです。カリウムは海草などに多く含まれていますが、気になるのであればむくみ解消サプリで補うのも方法です。

参考 知っていますか? 自分のカフェインの「安全量」